top of page

「」に対する検索結果が9件見つかりました

  • アイスホッケー | 一般社団法人Link | Link Hockey

    HOME: ようこそ! ABOUT US 一般社団法人Linkでは、日本を飛び出して海外挑戦をしているアイスホッケー選手のサポートをしています。主な事業として、海外組選手たちのオフシーズンキャンプの主催・運営、ジュニアアイスホッケー選手を対象としたアイスホッケー教室の開催をしています。海外挑戦する選手たちから、日本代表やオリンピックに出場する選手を育成し、日本の冬季スポーツ発のリーダーとなるような人材の輩出を目指しています。 Click Here PROJECT ​挑戦を支える2つのプロジェクト ​海外組オフシーズンキャンプ Click Here ​次世代育成プロジェクト Click Here 動画を再生 Facebook Twitter Pinterest Tumblr リンクをコピー リンクをコピーしました Ryohei Ishiga / 石賀 涼平 ​代表理事 Crick here Click Here Photo Gallery ​​フォトギャラリー TOP​ PARTNER ​OFICIAL PARTNER

  • 次世代エリート育成プロジェクト | Link Hockey

    TOP​ PARTNER ​OFICIAL PARTNER ​次世代エリート育成プロジェクト 現在、一般社団法人Linkでは 、海外挑戦するアスリートたちのオフシーズンキャンプを主催・運営しています。 これまでのオフシーズンキャンプを通して、10 代前半で海外挑戦を始めた選手たちが、20 歳を迎える前に海外挑戦を断念する姿をたくさん見てきました。 オリンピックやNHLなどの世界トップレベルで戦うためには、その世代での生き残りは必須。そのためにも世界に挑戦する以前の世代(U-14:14 歳以下)での教育の重要性を感じ、このたび次世代エリート育成プロジェクトを立ち上げることに至りました。 本プロジェクトでは、スマイルプロジェクトの大澤ちほさんにもご賛同頂き、共同プロジェクトとしてプロデューサーを務めて頂くことになりました。大澤ちほさんの世界トップレベルの経験やノウハウを頂き、次世代アスリートたちの力になりたいと考えています。将来、このプロジェクトの出身者から、オリンピックや世界で活躍することを念頭に置きつつ、大澤ちほさんに続く、日本代表を牽引するようなリーダー人材の輩出を目指します。 ​ 一般社団法人Link ​代表理事 石賀 涼平 ​企画プロデューサー ​大澤 ちほ ​(スマイルプロジェクト) ​北海道苫小牧市出身。6歳から元日本代表選手の父の影響でアイスホッケーキャリアをスタート。 ソチ、平昌、北京と3大会連続で「スマイルジャパン」のキャプテンとして代表チームを牽引した。 2022年8月に2021-2022シーズンをもって現役選手を引退することを発表。引退後は「大澤ちほスマイルプロジェクト」を立ち上げ、スケート教室やアイスホッケースクールの開催、講演会やイベントへの出演、試合中継の解説など各メディアへの出演を通して、アイスホッケーの普及のための様々な活動を行なっている。 スマイルプロジェクトについて ​ 挑戦する皆様へ (大澤ちほさんの想い) スマイルプロジェクトでは、アイスホッケーの普及・強化・育成を軸に活動していますが、その一環として次世代エリート育成プロジェクトのプロデューサーを務めさせて頂くことになりました。 選手を引退してからスタートさせたスマイルプロジェクトですが、その活動の中でポテンシャルの高い選手たちが“日本中”にたくさんいることを知りました。そういった選手たちに出会うたびに、将来オリンピアンやNHL選手になって日本のアイスホッケー界をリードしてほしい!と思っていたので、次世代の選手たちをサポートできる機会を頂き、とても嬉しく思います。 選手として国内外での様々な試合、大会を経験させてもらってきた中で、チームとして勝っていくため、個人として活躍するためには、プレーの技術以外にも必要なことがたくさんあることを感じてきました。それは、世界のトッププレーヤーを見ても感じてきたことです。アイスホッケーの技術が高ければ良いわけではなくて、トッププレーヤーになっている選手たちは人間力も高いです。 ジュニア世代からプロとしてトップレベルの感覚を養うこと、触れることも重要だと思うので、アイスホッケーのトレーニングだけではなく、食事、睡眠、語学力、チームワーク、海外での適応力など、あらゆる角度からアイスホッケー選手として大切なことを学べる場にして、ジュニア選手がより高みを目指したいと思ってもらえるようなプロジェクトにできればと思います。 私自身はオリンピックでのメダル獲得という目標は叶いませんでしたが、いつか男女ともに日本代表がオリンピックでメダルを取っていくチームになっていくためにも、こちらでも自分自身の経験をたくさん伝えていくつもりです。 ​概要・開催要項 ​ 将来オリンピックや世界で活躍を目指すU-14 の次世代アスリ ート 10 名 に、 ​ 半年間で計4回のキャンプをはじめとしたエリート育成プログラムを提供いたします。 対象とさせて頂く次世代アスリート10 名は、 以下のセレクション方法にて選出いたします。​ ​応募条件(対象) ・ 2 023 年10 月時点で小学5 年生~中学1 年生であること ・小学5 年生は4 年以上の競技経験、 小学6 年及び中学1 年生は5 年以上の競技経験を有すること ・将来オリンピックをはじめ世界で活躍したいという強い意志があること ・プレーヤーのみ(ゴールキーパーを除く) ・男女は問わない ​選考手順 ① 一次選考 書類審査 ② 最終選考 面談・実技:最大 1 0 名選出 ​スケジュール(選考手順) ① 一次選考 選考方法:書類選考 募集期間: 2023 年10 月20 日~10 月31 日 合否発表:2023 年11 月10 日頃 事務局よ りメールにて当落通知を送らせて頂きます。 ※ 最終選考キャンプの都合を 調整中の方もエントリー可 能です。 ​ ⇒エントリー後にチーム活動の都合で最終選考キャンプのキャンセル可​ ② 最終 選考 選考方法:面談・実技(岩手県・盛岡市 ) 日 程:2024 年1 月3 ​ 日 ~5 日 実践での最終 選考キャンプを実施 期間中に面談を実施予定です。 参加費用:¥ 35,000- (宿泊費及び食事代込み) *現地集合となります。 *交通費は各自でご負担ください。 合否発表:2 024 年2 月15 日頃 事務局よりメールにて当落通知を送らせて頂きます。 ​最終選考合格者 :最大10 名を選出 *全てのプログラムは最終合格者のみで行います。 ・3 月 末~ 8 月末まで に行われる本 プログラムへの招待 *全て のプログラムの参加費用は無料。 ・下記 にて行われる計 4 回のキャンプ (各 2 泊 3 日 ​程度を 予定) ① 3 月末~ 4月初旬 : 新潟市 (三菱化学アイスアリーナ) ② 5 月初旬: 盛岡市 (みちのくコカコーラボトリングリンク) ③7 月下旬: 新潟市 (三菱化学アイスアリーナ) ④8 月下旬 :盛岡市 (みちのくコカコーラボトリングリンク) *現地までの交通費のみご負担ください *キャンプごとに異なる個人スキルのテーマを設定 (例、スケーティング、シュートスキルなど) *メインコーチは各キャンプごとに異なるコーチを招聘。 ⇒各テーマの指導に特化したコーチが指導予定。 (メインコーチ以外は、全期間で同じコーチングスタッフが帯同します。) ・期間中に実施する全ての ​講義・ オンラインプログラム ​応募方法(一次選考) ​ 下記フォームよりご応募ください ​ * 〆切 : 10/31 (火) 23:59 ​ h ttps://forms.gle/JQaeWekp4MTXmp6S7 ​問い合わせ先 一 般社団法人 Link 事務局 Mail : link.hockey2021@gmail.com

  • 代表プロフィール | 一般社団法人Link|アイスホッケー

    ​代表プロフィール プロフィール詳細 ​代表理事 / 石賀 涼平(Ryohei Ishiga) ​大阪府東大阪市出身 ​ 日本体育大学体育学部社会体育学科卒業 元バドミントン日本代表コンディショニングコーチ 2020東京オリンピック・パラリンピック出場選手を担当 現在、パリオリンピック・パリンピックに向けて世界で戦う選手の専属パフォーマンスコーチとして活動中 学生時代に学生トレーナーとして日本体育大学アイスホッケー部を担当したことがきっかけでアイスホッケーに出会う。 大学卒業後、早稲田実業学校アイスホッケー部を担当したことから、海外組選手の第1回オフシーズンキャンプよりサポートに携わる。 ​アイスホッケー未経験ながら、以降は運営リーダーとして海外組スキルキャンプの運営・企画から担当。

  • 我々の想い | Link Hockey

    Link Hockey の想い 日本のアイスホッケーはまだまだ世界の中でも発展途上です。そういう状況の中でもアメリカ4大スポーツであるアイスホッケーの本場アメリカを中心に海外挑戦する選手が増加しています。 でも、現状は国内での所属先がないために、多くの海外挑戦者の国内でのオフシーズン環境は整っていません。練習のためにスケートリンクを借りるにも、1時間半で5万円弱の費用負担と指導料がプラスされるため、個人レベルでの練習も容易ではありません。 海外挑戦する選手たちが、 もっと夢に真っ直ぐ向かえるように。 日本を代表して本気で世界と戦えるように。 そして、もっともっと素晴らしい経験をして、多くの方々にその経験を還元できるような人材を増やしたいと思っています。 白紙ページ: ようこそ! Link History ​ヒストリー 2014年 7月 ​海外でプレーする選手2名のために有志キャンプ初開催(第1回オフシーズン海外組スキルキャンプ) 2015年 ​​開催拠点を岩手県・盛岡市に移す。 2018年 ​有志キャンプとしてスタートさせた海外組キャンプの参加者が15名を突破。 2019年 ​オフシーズン海外組2次キャンプ初開催(東京都東大和市)​ 地域の協力により、任意団体である東大和アイスホッケーサポーターズ を設立 2020年 ​新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、オフシーズン海外組キャンプが初めての中止 2021年 2月 ​​一般社団法人Link 設立 2021年 7月 ​​​​新型コロナウイルス蔓延防止のため、岩手県・盛岡市での1次キャンプのみ開催

  • Yell | Link Hockey

    次世代サポート基金 ご支援のお願い 一般社団法人Link は、世界で活躍を目指す次世代アスリートの育成に取り組んでいます。誰もが世界に羽ばたけるような環境を目指して選手の参加費用を 無料 または 安価 で実施しています。 ​ 日本を飛び出して海外で活躍するアスリートを育成するために、​ご支援・ご協力を宜しくお願い致します。 ​ 寄付金募集要項 1 / 寄付金 の概要 寄付 :10,000 円 / 口 *個人名を当サイトに掲載させて頂きます。 *掲載期間 2025年3月31日まで 2 / お申込み方法 ▸下記フォームへご入力ください ​ 寄付金お申込みフォーム *1口以上からのご寄付をお願いしております。 3 / お支払い方法 ▸銀行口座へお振り込み 金融機関 多摩信用金庫 東大和支店 口座番号 普通 0605219 口座名義 イッパンシャダンホウジンリンク ※恐れ入りますが、振込手数料をご負担ください。 . ​ スポンサー募集 海外挑戦するアイスホッケー選手をはじめとして、Link に集う人々とともに喜びや感動を分かち合いたい—— それには皆さまのご支援が大きな力になります。 私たちの理念をご理解いただき、そのために必要な活動において確かな基盤を築くため、Linkとともに歩んでいただけるご協賛社を募集しております。 海外挑戦する若者やこれから挑戦する次世代の選手を支えるため、何卒ご支援を賜りますようお願い申し上げます。 お問い合わせはコチラ

  • News | Link Hockey

    新着情報 いつでも最新情報を

  • 海外組オフシーズンキャンプ | Link Hockey

    海外組オフシーズンキャンプ: 新着情報 ​海外組オフシーズンキャンプ ​海外挑戦するアスリート対象のプロジェクト スキルキャンプ(岩手県盛岡市) 6月下旬開催 ・スケーティング基礎技術 ・効率良い身体の使い方の訓練 ・プレゼンテーション ​ アイスホッケーの基礎技術を磨く。 ​プレゼンで伝える力を養う。 キャンプ中の取り組み 地元ジュニア選手対象 アイスホッケー教室 ​海外組が講師となり、サポートして頂いている地域のジュニア選手へ直接指導

  • 海外組オフシーズンキャンプ | Link

    ​次世代育成キャンプ これから世界を目指す選手のための育成プロジェクト 次世代育成キャンプ 3都市で4回のキャンプ開催 ・世界基準の技術や経験を共有 ・トップランナーたちが直接指導 ・世界で戦うマインドセットを養う 約6ヶ月の間に渡る 次世代アスリートたちの強化キャンプ。これから世界を目指す世代を対象に、各分野のトップランナーたちが次世代アスリートに直接指導を行います。 アイスホッケー体験教室 上記のキャンプと同日開催 世界を経験したスタッフたちが 初めてアイスホッケーに触れる 子どもたちに直接指導 日頃、経験する機会が少ない氷上スポーツ を選択するきっかけや新たな運動体験をする 場として、はじめてアイスホッケーに触れる 子どもたちを対象に行います。 海外組オフシーズンキャンプ: 新着情報

bottom of page